ボラバイトって何?

ボランティア(volunteer)とアルバイト(arbeit)を合わせた造語です。

ボランティア+アルバイト

ボラバイトはお金が一番の目的ではありません。
全国の学生・社会人が経験したことがない仕事を経験する事や、 地方の人たちとふれあう事を目的として、 農家での農繁期、宿泊施設でのハイシーズンなど、 地方で人手を必要としている時期にお手伝いに伺い、一緒に働き、 コミュニケーションを図ることを最大の目的としています。

※雇う側をボラバイト先、働く側をボラバイターと呼んでいます。

多くのボラバイターが最初は不安を抱えながら出発しますが、 ボラバイトが終了すると 「良くしていただきました」「楽しく過ごせました」「貴重な体験ができました」という 体験談がよく寄せられます。 ボラバイト先さんとコミュニケーションをとりながら、 教わるという気持ちを大切に、チャレンジしてみよう!

ボラバイト先には今までに見たこともないような自然が 広がっているかも。 そして、ボラバイト先のご家族や従業員、 仲間のボラバイターなど様々な人との出会い。一緒に働き、 食卓を囲み、交流を楽しんで!

ボラバイトの決め手は人それぞれ。自分の行きたい場所、 やってみたいことからボラバイトを選べます。 全国各地の行ってみたい場所や短期〜長期などお好みで選ぶのもOK!

わざわざ来てくれるボラバイターが気持ちよく働けるようにと、ボラバイト期間中の宿泊費や光熱費は、短期長期にかかわらず基本的にボラバイト先の方が負担してくれます。 したがってボラバイト料はほとんどそのまま貯金へ回せるので、気付いたらたくさん貯まっていたということも。ボラバイターの中には、ボラバイトで留学資金を稼いだ人もいます。

大変な仕事もたくさんあります。時にはボラバイト先さんから怒られることもあるかもしれない。 でも、だからこそ、やり遂げた後の達成感は格別。そして、一生懸命汗かいた後の 食事やお風呂、仲間との語らいの嬉しさ楽しさを身にしみて感じられます。

大変な仕事もたくさんあります。時にはボラバイト先さんから怒られることもあるかもしれない。 でも、だからこそ、やり遂げた後の達成感は格別。そして、一生懸命汗かいた後の 食事やお風呂、仲間との語らいの嬉しさ楽しさを身にしみて感じられます。



日本の食を支える農家さんの仕事!田畑や果樹園を耕し、野菜や果実を植え、肥料を撒いたりビニールをはったり除草をしたりして、収穫から出荷、加工まで。主に土に触れて自然の中で働きます。単純作業に見えて、一つ一つの野菜をチェックする集中力や体力も必要です。 その分、日頃手をかけて育ててきた作物の開花や、実を付けた時の感動はひとしお。一日の終わり、食卓の野菜が美味しく感じられるはず。 半年以上続ければ、農業のサイクルを知ることが出来るなど、短期のボラバイトにはない利点も。
朝早く、大変でしたが、慣れてくると、自然に起きられるようになります。出荷で体を動かした後の朝食は最高です。(26歳・男性)
宿舎のみんなには、はじめっから仲良くしてもらって嬉しかったです。よく、畑から採ってきた野菜で鍋パーティーもしました!(20歳・女性)
菜園-ieooさんで1ヶ月頑張ってみて、短い間でしたが沢山のアドバイスも頂いたおかげで今は将来就農することも視野にいれています。(28歳・男性)

体験談はこちら

農家(宿泊)の情報 農家(日帰り)の情報

ミルクを出荷している酪農家さんがメインです。主な作業は朝晩の搾乳と牛舎の掃除です。放牧をしている牧場もあり、広大な草原で自然を感じられます。チーズやアイスクリームを加工・販売している牧場もあります。 牛の出産に立ち会うことができたり、子牛の世話をすることもできるので、動物が好きな人なら楽しめると思います。 慣れてくると、牛の体調管理や糞かき機の簡単な運転を任せられることもあり、責任感をもって働けます。
仔牛も本当にめんこいッッ!ミルクを一生懸命飲んでいる姿。散歩に連れて行くとうれしさを体全体で表現してピョンピョン飛び跳ねている姿。・・かわいすぎるよ〜★(22歳・女性)
初めてみる牛の治療や出産・牛の死に立ち会ったことも勉強でした。これが私たちの背負う責任と現実であり,人間の生活を守るために失われる命であることが全身で感じられました。(16歳・女性)
牧場には牛以外にも動物が来ます。見たのはキタキツネと鹿。ウサギなんかは結局見れず。朝、まるで飼われているかのように鹿がいっぱいいた時は笑えました。(27歳・男性)

体験談はこちら

牧場の情報

お客様の楽しい旅行の思い出の一つになるように、笑顔で心からのおもてなし。朝食と夕食の準備と配膳、清掃がメインです。 山間の温泉旅館やペットと泊まれるロッジ、西洋ディナーが評判のペンションなど…地域や特徴はさまざま。 お客様の旅の楽しい思い出になるように、細かいところに気付き、過ごしやすい空間を作る接客技術やおもてなしを身につけられます。GWや3連休、年末年始には超短期の募集も増えます。
気さくなオーナーご夫妻との食事や会話が楽しく、リラックスして過ごす事ができました。(33歳・女性)
掃除やベッドメイキングは体力を使いますが、自分で仕上げた部屋を見ると気持ちが良いです。(26歳・男性)
午後の休み時間はみんなでゆったり映画を観たり、牧場体験やブルーベリー狩り、ドライブ、夜は花火、ペンションでの生活をもっと濃いものにしてくれました。(21歳・女性)

体験談はこちら

宿泊施設の情報

子供も大人も楽しめるキャンプ場では、気持ちよく遊べるようにサポートするのが役目です。キャンプ場の受付、バンガローや食事場所、トイレの清掃活動などの環境整備、アクティビティの引率など、多岐にわたります。一日の終わりには、満点の星空を眺めたり、キャンプファイヤーの火を囲んだりと、非日常的な夜を満喫しよう。GWや3連休は短期ボラバイト中心ですが、夏休みには 長期の募集が中心になってきます。
このキャンプ場には、優しい空気が溢れています。子ども達から、たっくさんの元気がもらえます。(29歳・女性)
ワンちゃんを連れている家族がいたり、違う家族同士仲良くなっていた方もいたり、お客様にも声かけしてもらって、かえって元気をもらったり、自然に癒されたりと普段できない経験でした。(41歳・女性)
都会で生活してた僕ですが、逆にこの何も無さが新鮮で、貴重な経験になったと思います。(23歳・男性)

体験談はこちら

キャンプ場の情報

ボラバイトで募集しているレストランや商店は、郊外の自然豊かな場所で、観光客の接客をしているお店が・ルとんどです。地元で採れた素材を活かした料理を丁寧に作ります。GWのような短期や夏休みの期間には、観光ガイドや子供向け自然体験アクティビティのスタッフの募集もあります。 一方で、農家さんのマルシェやイベントブースの出店では、1日からできるボラバイトを募集していたりもします。いずれも楽しい時間を提供する仕事です。
まかないの食事は最高においしいです。夜はオーナー自慢の地ビールを飲んで、一日の疲れをリセット。(29歳・男性)
全国各地に仲間が出来ました。(20歳・女性)
都市部中心の飲食店で働くのとはぜんぜん違うのではないかと思います。(26歳・男性)

商店・食堂の情報 その他の情報

会員登録して、ボラバイトスタッフが送るボラバイト情報をメルマガで受け取ろう。
※VB会員登録をしなくてもボラバイトできます。

会員登録はこちら

(1)カテゴリ、地域、期間を選ぶ

自分の行きたいところややってみたいカテゴリをまずは絞り込んでみよう。

(2)希望に合う作業か確認

それぞれのボラバイト先の条件をみて、自分に合ったボラバイト先を探そう。体験談があれば体験談も参考に!

(3)問い合わせフォームの送信

各情報にある「お問い合わせ」からお問い合わせフォームを送信!送信後、スタッフがHP上では確認できない情報をメールにてお伝えします。
※基本は24時間以内に返信すること心がけていますが、休業日にかかる場合は翌営業日での返信となります。

ボラバイト情報はこちら

ボラバイトでの面接は直接顔を合わせるのではなく、電話上の面接になるため、履歴書がとても大切。履歴書はしっかり書いて自分をPRしよう!
※詳しくはボラバイトスタッフがお送りしたメールをご覧ください。

  • 緊急連絡先や連絡先のつきやすい番号はきちんと記入

    ボラバイトへ行くまでのボラバイト先との話し合いは電話が全て。
    連絡先はつながりやすい連絡先をきちんと書こう。
    万が一のことを考え、自宅の番号や緊急連絡先なども記入しておくと安心です。

  • 学校や職歴は正確に!

    正確に書くのが基本です。年月まで正確に記入してください。

  • 志望動機がとても大事

    当日まで直接会うことのないボラバイトでは志望動機がとても大事!
    なぜ体験したいと思ったのか、短い文章でもいいので誠意をもって しっかり伝えよう。

  • 最後に誤字脱字がないか確認しよう

    ボラバイト先の名称、期間、住所と電話番号、入学・卒業などの年度、資格など、
    間違えていないかどうかの最終確認をして、送信!

サンカネットワークから、ボラバイト先の電話番号をメールでご連絡します。 自分からボラバイト先へ、電話をかけて面接をお願いしましょう。

「『ボラバイト』を見て応募した○○です。」と始めに言うと、スムーズです。

確認しておきたいこと

  • 仕事内容
  • 勤務時間
  • ボラバイト先までの行き方

  • ボラバイト料
  • 仕事を始める時期
  • 持ち物

  • その他気になること

ボラバイト先さんからいただいた情報は全て記載していますが、その他に不明な点・不安な点は、電話面接の際に聞いてはっきりさせましょう。特に、農家や牧場の作業内容は天候や季節により変わりやすく、働く希望期間が短くても作業の変わる可能性があります。自分のいる期間にどのような作業があるか聞いてみてください。

ボラバイト決定報告フォームより決定したボラバイト期間、ボラバイト先の名前を登録して、サンカネットワークに報告してください。

決定報告フォームはこちら

持ち物の準備

  • 印鑑
  • 保険証、もしくはコピー
  • ボラバイト先までの経路のメモと連絡先
  • 現金

  • 基本的にボラバイト先では宿泊費・光熱費・食費はかかりませんが、行った先でのボラバイターとの交流やお休みの日の観光、日用品や消耗品など買い足すものが出てくるはず

  • 着替え

  • 地域によって天候が違います。その地域の気候を調べておこう。

  • 替えの靴
  • 化粧品・薬・コンタクト
  • 仕事に必要なもの
  • ペット

  • ボラバイト先へペットを連れて行くことはできません。育てる場所の問題やボラバイト先とのペットの相性の問題によりつれて行くことができません。


交通手段のチェック

ボラバイト先まで行く交通手段はさまざま。交通手段まで決めたら、ボラバイト出発の前日か当日、ボラバイト先さんへもう一度連絡しておきましょう。 駅まで迎えに来ていただく場合は、到着時間など、こまめに連絡をとりましょう。

ボラバイト先さんからボラバイト用の勤務表を受け取り、勤務表への記入をしてください(タイムカードにしているところもあります)。それがあなたのボラバイト料が支払われる基本になります。

この後のボラバイターのために!書きたい人はボラバイトで感じたことを体験談として自由に投稿してみよう!

体験談を投稿する